官能小説-南国のシングルマザーホステス

↓官能小説 南国のシングルマザーホステス の各ページのご案内↓
官能小説 南国のシングルマザーホステス-1
官能小説 南国のシングルマザーホステス-2
官能小説 南国のシングルマザーホステス-3
官能小説 南国のシングルマザーホステス-4
官能小説 南国のシングルマザーホステス-5
官能小説 南国のシングルマザーホステス-6
官能小説 南国のシングルマザーホステス-7
官能小説 南国のシングルマザーホステス-8
官能小説 南国のシングルマザーホステス-9
官能小説 南国のシングルマザーホステス-10
官能小説 南国のシングルマザーホステス-11
官能小説 南国のシングルマザーホステス-12
官能小説 南国のシングルマザーホステス-13

官能小説-南国のシングルマザーホステス-p1

藤原淳一(32歳)が訪ねたクラブは、若いホステスが30人くらい働いている。ホステスは皆、地元出身者で南国生まれを漂わせる美人揃いだった。

今回、淳一は東京から3泊4日の予定で出張にきている。淳一がこのクラブに来たのは、前回、約一ヶ月前に出張で来た時、取引先の営業マンに連れて来てもらったのが最初だった。

ボックス席は、多人数の客をもてなせるように、全てが大きい。一人で来る客には相応しくないのかも知れない。

淳一が店内に入ると、長身のボーイが出迎えてくれた。

『お一人様ですか』

『ええ、一人です』

『カウンターでもよろしいですか?』

『もちろん、カウンターでいいです』

『指名されるホステスはいますか?』

『恵美ちゃん、て言う子いますか?』

『ああ、恵美ちゃんですね!かしこまりました。ごゆっくりどうぞ!』

淳一が指名した恵美と言うホステスは、前回、淳一がここに来た時に、隣に座ってくれたホステスだった。
パッチリとした大きい目に、少し憂いを漂わせた美人ホステスだった。淳一の目的は、勿論恵美に会うことだった。

『いらっしゃいませ、私を呼んで頂いてありがとうございます。あ、この前来てくださったお客様!ありがとう、ございます』

恵美がカウンターの椅子を淳一の方へ近づけて座った。

『今日は、お一人ですか?』

『そう、一人。一人で申し訳ないね。こんな大きいお店に・・・・・』

『いいえ、とんでもございません。恵美は嬉しいですよ・・・今日は何を召し上がりますか?』

『ウィスキーのボトルを入れて貰っても良いかね?』

『あら、嬉しい。大歓迎ですよ!』

淳一はホワイトホースの12年をボトルをキープした。

『お客様は、この前、水割りをお飲みになられましたよね?』

『そう、覚えていてくれたの?嬉しいね・・・・』

『恵美は、ハンサムなお客様だけ覚える事にしてるの』

恵美が微笑みながら言った。

『嬉しいことを言ってくれるね・・・恵美ちゃん・・・・』

『お客様のお名前は、藤原淳一さんですね。お名前はボトルのタグから今覚えたの・・・もう忘れないわ・・』

淳一は恵美にもドリンクを勧めた。恵美は淳一と同じウィスキーの水割りでいいと言った。

【普通のホステスは値段の張るドリンクを所望するのに、恵美ちゃんは何故、ウィスキーの水割りで良いんだ?】

淳一は疑問に思った。

〔 1 〕 〔 2 〕 〔 3 〕 〔 4 〕 〔 5 〕 〔 6 〕 〔 7 〕 〔 8 〕 〔 9 〕 〔 10 〕
〔 11 〕 〔 12 〕 〔 13 〕

エロい官能小説メニュー

現在エロい官能小説-無料で作成済みの官能小説は下の通りです。

エロい官能小説が提供する官能小説をお楽しみください。


兄と妹の二人家族
30歳の美人大家
20歳の愛人・多恵の軌跡
元客室乗務員の熟年妻
南国のシングルマザーホステス
家庭教師先の生徒の熟年母親
両親と姉と俺の官能的生活
母と双子の兄妹の乱れた生活
兄妹の相愛と歪んだ性行動
大学生美奈子の実家再建計画
愛人京子が我慢した性の爆発
橘家の想定外の官能的な日常
バツ2の遅漏男の性処理作戦
バツ2の遅漏男の性処理作戦2
銀座ママのマグロ娘解消作戦
4美女と下宿人慎吾の性活
母娘と同居する男性家庭教師
エロい官能小説-無料


著作権に関して
当サイト『エロい官能小説-無料』に記述している官能小説の著作権は管理者に帰属します。
『エロい官能小説-無料』内の全ての画像や文章を転載する事を禁止します。『エロい官能小説-無料』





inserted by FC2 system