エロい官能小説-無料

南国のシングルマザーホステス-p6

恵美の指先が、乳首に当ったのか、恵美の体がピクンと動いた。恵美がもう一方の手を上げ、両手で乳房を揉み始めた。

恵美の指にだんだん力が加えられているのが、バスローブの捩れから分かった。

恵美が手の指で乳房全体を掴み、手の平で押し付けたりを繰り返すようになり、少し口を開いた。

淳一は、目の前で若い女がオナニーをする姿を見て、興奮を覚え、股間が自然に勇み立った。

恵美はバスローブの上から2本の指を上下させて、乳首の辺りを摩った。恵美が首を少し仰け反らせた。
その動作を続けていると、恵美の口から小さく、可愛らしい喘ぎ声が漏れ出した。

恵美が両乳房を強く掴み、再び乳首を摩った時に、恵美の喘ぎ声が大きくなった。

【恵美ちゃんは感じているんだ。気持ちよい最中に入りつつあるんだ】

淳一は確信した。そして、バスローブを早く脱げば良いのに、とも思った。

恵美が片手を股間に下ろそうとしたが、バスローブが邪魔をして股間に触れることは出来なかった。

恵美がバスローブの腰紐を解き、バスローブを広げて片手を股間に滑り込ませた。

【バスローブを脱ぎ捨てればいいのに、まだ、バスローブが邪魔で恵美の股間がよく見えないじゃないか・・・・・】

淳一には、バスローブが邪魔になっている事が不愉快で不満だった。

恵美が片手を股間に下ろしてから、恵美の喘ぎ声は更に大きくなった。

恵美はバスローブの胸を開くと、手で直接乳房を掴み、指で乳首を挟んだり、捻ったりした。

『はあっ・・・・・』

恵美の喘ぎ声はますます大きくなり、首を大きく仰け反らせた。目は閉じたままで、体に湧き上がってくる快感の全てを受け止めようとしているようだった。

【恵美ちゃんは気持ちが良いんだ・・・・感じているんだ・・・・】

淳一はますます興奮する自分を抑えながら恵美を見続けた。

恵美がバスローブを肩から外し、バスローブを大きく広げた。淳一に恵美の体全体が見えるようになった。

恵美の股間の茂みはあまり濃くなく、小さ目の恥丘がこんもりと盛り上がっていた。淳一はきれいな恥丘だと思った。

恵美が両脚を少し広げた。指を動かし易くなった恵美が淫核を摩り始め、両脚をピクピクと痙攣させた。

恵美の両手の動きが速くなった。左手で乳房と乳首を揉み続け、右手で淫核を摩り続けた。

『はあ・・・・はあ・・・・・はあ・・・・・ああああああ・・・・・』

恵美が両手を素早く動かせると、首を大きく仰け反らせて喘いだ。恵美は絶頂に達した。手の動きは止めて、ハアハアと息をしていた。

恵美は左手を乳房に、右手を股間に置いたままで、絶頂の余韻に浸っているようだった。

暫くして恵美が目を開け、

『恵美、イッちゃった。』

と、呟くように言った。

『気持ちよさそうだったよ・・・』

『あら・・・藤原さん恵美の全部見た?・・・・恥ずかしい・・・・・』

『恥ずかしくなんか無いよ!恵美ちゃんは長い間我慢してたんだから・・・・・何度でもイキなさい・・・・・・・・』

〔 1 〕 〔 2 〕 〔 3 〕 〔 4 〕 〔 5 〕 〔 6 〕 〔 7 〕 〔 8 〕 〔 9 〕 〔 10 〕
〔 11 〕 〔 12 〕 〔 13 〕

エロい官能小説メニュー

エロい官能小説-無料




inserted by FC2 system