官能小説-南国のシングルマザーホステス

↓官能小説 南国のシングルマザーホステス の各ページのご案内↓
官能小説 南国のシングルマザーホステス-1
官能小説 南国のシングルマザーホステス-2
官能小説 南国のシングルマザーホステス-3
官能小説 南国のシングルマザーホステス-4
官能小説 南国のシングルマザーホステス-5
官能小説 南国のシングルマザーホステス-6
官能小説 南国のシングルマザーホステス-7
官能小説 南国のシングルマザーホステス-8
官能小説 南国のシングルマザーホステス-9
官能小説 南国のシングルマザーホステス-10
官能小説 南国のシングルマザーホステス-11
官能小説 南国のシングルマザーホステス-12
官能小説 南国のシングルマザーホステス-13

官能小説-南国のシングルマザーホステス-p7

『ありがとう・・・・・恵美は何度でもイクから・・・今日は・・・・・』

『いいよ・・何度でも、満足するまでイキな・・・・』



恵美が突然立ち上がり、ティッシュを取りに走った。

『ごめんなさい・・藤原さん。私バスローブを濡らしてしまったわ・・・』

恵美の淫汁が流れ落ち、バスローブを濡らしたのだ。バスローブを恵美がバスローブを脱ぎ、ソファーの上に広げてティッシュで拭いた。腰を折って、尻を突き出した恵美の姿は扇情的過ぎた。

恵美はティッシュで自分の股間も拭き清めた。

『これは干しておくからね』

と、恵美が言ってハンガーにバスローブを掛けてロッカーの中に吊るした。
恵美は素っ裸になったが、最早恥ずかしがる様子は見せなかった。

『乳首だとかクリトリスでイッた後はね、乳首とクリトリスが敏感になりすぎて、すぐには触れないのよ・・・藤原さん、知ってた?・・・・奥さんを乳首だとかクリトリスでイカせた後は、少し時間をおいてあげないと駄目よ!・・・・・・・・・敏感になり過ぎているんだから・・・・・でもね・・・時間が経つと、さっきより感じる時もあるの・・・・・・』

恵美はそう言うと、ベッドに登り、毛布を捲りあげて、ベッドに上向きに寝そべった。

『藤原さん、見ないでよ・・』

恵美が甘えるように言って、再び乳房に両手を這わせた。

【恵美ちゃんはまたオナニーを始めるんだ・・・・・恵美ちゃんには相当不満が溜まっているんだなア・・・・・】

淳一は股間が熱くなるのを覚えながらソファーに腰掛けていた。

【見ないでよ、と言われても、それは無理だよ恵美ちゃん。どうしても見るヨ】

『ああ・・感じる・・・ここも、ここも・・・・感じるぅ・・』

恵美は左手で乳首を弄び、右手で割れ目を弄んだ。恵美は両脚を広く広げたので、恵美の股間が淳一に丸見えになった。
恵美の股間に黒ずみは無く、鮮やかな赤色だった。

淳一は抑え切れそうにない自分を抑えて、恵美を見つめ続けた。

恵美が片手で陰唇を開き、もう一方の手の指で淫核を摘んだり、揉んだりし始めた。

『はああぁ・・・・・・ああああ・・・・・』

恵美の喘ぎが始まった。恵美は大きいが、可愛らしい声で喘ぐ。淳一はそう思った。

恵美が手の動きを速め、首を左右に振って身悶えた。また、胸を突き上げて仰け反った。

【恵美ちゃんは必死に感じようとしているんだ・・・・気持ちいいんだろうナ・・・・あんなに必死だ・・・・】

淳一はオナニーも自由に出来ないと言った恵美に同情もしていた。自分の身に置き換えて考えると、十分理解できた。淳一は股間の一物でバスタオルを持ち上げながら、恵美を見守った。

『うううう・・・・はあっはあっはあっ・・・・・あああああああああ・・・・』

恵美が気持ちよさそうな、泣くような喘ぎ声を発しながら果てた。恵美は頭を仰け反らせ、背を浮かせた状態で息を荒げていた。

暫くすると、背をストント落とし、広げていた両脚を閉じた。

『恵美・・・・またイッちゃった・・・・』

恵美がいくらか気恥ずかしそうな声で言って微笑んだ。




『次は藤原さんの番』

〔 1 〕 〔 2 〕 〔 3 〕 〔 4 〕 〔 5 〕 〔 6 〕 〔 7 〕 〔 8 〕 〔 9 〕 〔 10 〕
〔 11 〕 〔 12 〕 〔 13 〕

エロい官能小説メニュー

現在エロい官能小説-無料で作成済みの官能小説は下の通りです。

エロい官能小説が提供する官能小説をお楽しみください。



エロい官能小説-無料


著作権に関して
当サイト『エロい官能小説-無料』に記述している官能小説の著作権は管理者に帰属します。
『エロい官能小説-無料』内の全ての画像や文章を転載する事を禁止します。『エロい官能小説-無料』





inserted by FC2 system