エロい官能小説-無料

家庭教師先の生徒の熟年母親-p7

初子が翔太を抱いたまま転がり、翔太を自分の上にした。これで翔太が自由に動けるようになった。

初子が唇を放すまいとするように、翔太の首をきつく抱き締めていたが、翔太が唇を初子の首筋に移そうとすると、翔太の望みを叶えるように、初子が抱き締めている両腕の力を抜いた。

翔太は心地よい香りのする初子の首筋に唇を滑らせた。初子の首は華奢だった。

翔太は、憧れの目で見ていた初子の体を自由に出来ている自分に興奮を抑える事が出来なかった。夢が叶った、と、翔太は思った。

翔太は初子の喉元を軽く吸いながら、顎下まで唇を這わせた。少し初子の首が仰け反り、首を揺すった。

翔太は初子のあらゆるところに唇を這わせ、軽く噛んで刺激したいと思った。

翔太が初子の耳たぶを噛むと、初子がかすかに呻いた。翔太が舌を窄めて耳の穴に入れると、初子は大きく首を振った。

翔太は初子の腕を上げ、脇の下に唇を這わせた。初子の肌の匂いが翔太の鼻を刺激した。が、決して嫌な匂いではなかった。翔太には愛しく感じる初子の匂いだった。翔太は初子の肌の匂いに更に興奮をかき立てられた。

初子はくすぐったさに耐えながら、翔太のしたいようにさせていた。

翔太は唇を初子の乳房へ移し、乳房を吸った。初子が少し、かわいく呻いた。翔太が乳房を舌で舐めると、初子が翔太の頭を両手できつく抱えた。

翔太が初子の乳首を口に含むと、初子は胸を仰け反らせて、胸を上に突き上げた。
翔太が舌で、乳首を舐めると、初子は胸を震わせて呻いた。

『ああああああ・・・・・』ああああああああ・・・・・・

赤子が乳を吸うように、翔太が初子の乳首を吸い続けると、初子が悶えて、喘いだ。

【奥さんの声は可愛い声だ・・・・】

翔太には初子の喘ぎ声は耳障りの良い、愛しさを覚えるものだった。

【奥さんは気持ち良さそうだ・・・・・・可愛い奥さんをいつまでも気持ちよくし続けてあげたい・・・・・】

翔太はそう思った。

翔太が唇で乳首を吸いながら、手でもう一つの乳首を弄ぶと、初子の喘ぎ声が更に強く、激しくなった。

翔太は唇を初子の脇腹へ移し、ふくよかな脇腹を少し強く噛んだ。初子が逃れようと腰を振った。そして、呻いた。

翔太は初子の臍の辺りを舐め、そして噛んだ。初子は呻き声をあげ、翔太の頭を両手で押さえつけた。

翔太が最も興味をそそられる初子の割れ目を見たくなった。初子は両脚をピッタリと閉じていた。

【脚を開いたら、奥さんが恥ずかしく思うかなァ・・・・でも、開かないと見えない・・・・・】

翔太が初子の片方の脚を外に押すと、初子が素直に脚を広げてくれた。もう一方の脚を外に押すと、また初子が脚を広げた。

初子が脚を広げると、割れ目が少し開いていた。翔太が指で広げると、クリトリスがはっきりと見えた。そして、その下に閉じられてはいたが、膣の入り口が見えた。

【さっき、奥さんに教えて貰ってて良かった・・・】

翔太は、初子の優しさを改めてありがたいと思った。
翔太の股間は、はちきれるほどに膨らんでいた。

【奥さんのあそこは小さく見えるが、これが奥さんのあそこに入るのかなァ・・・・・・・】

翔太は怒張した自分の肉棒を見て思った。



翔太は初子のクリトリスに唇を合わせて吸った。初子が大きな声で喘ぎ、腰を激しく振って悶えた。

【奥さんはここがこんなに気持ち良いんだ・・・・】

翔太は初子の悶え方の激しさから、すぐ理解できた。



翔太は上にずり上がり、初子の割れ目の中に肉棒を合わせると、腰を下ろした。が、肉棒は割れ目を滑り、膣には入らなかった。
翔太が手で初子の膣の入り口に亀頭を合わせて、腰を沈めると、初子の中に肉棒がヌルッと入って行った。

翔太の肉棒は初子の膣壁にきつく圧迫され、快感が翔太の背筋を走った。

【これが奥さんの中なんだ、奥さんの中は温かくて気持ちいい・・・が、この締め付けはすごい・・・・・少し痛いぐらいだ・・・・】

翔太は初めて経験する女の膣の快感を驚きながら感じ取っていた。

翔太が腰を上下すると、翔太の動きに合わせるように、初子も腰を動かして応えた。

『ああああ・・・・あっあっあっ・・・・・・』

翔太の腰の振りに呼応するように初子が喘いだ。

初めて経験する翔太にとって、初子の膣の中は刺激が強すぎた。

【もう出そうだ・・・これ以上我慢できない・・・・・】

翔太が腰の振りを速めると、翔太は快感の極みに達し、初子の中に射精した。

翔太には経験したことの無い快感だった。

『奥さん、僕、出してしまいました・・・・・・』

翔太が荒い息づかいの中で初子に詫びるように言った。

『いいのよ・・・いいのよ・・・・』

初子はまだ絶頂に至っていなかったが、翔太を優しくなぐさめ、翔太の臀部を押さえて、自分の股間に密着させ続けた。

『僕は、気持ちよく、満足できましたけど、奥さんはまだ満足できてないでしょう?・・・すみません、僕だけ満足して・・・・・』

『いいのよ・・・・上野さんは初めてなんだから、いいのよ・・・・・』

初子は相変わらず優しい声で、翔太を気遣いながら、翔太の臀部を両手で押さえ続けていた。

翔太の息づかいが治まると、初子が下から腰を上下させた。初子の膣に入れたままの翔太の肉棒が刺激され、翔太は肉棒の元気が回復してくるのを感じた。

初子が動き辛そうに腰を動かしているのを感じた翔太が、腰を上下させた。翔太の肉棒は完全に元気を取り戻していた。

『ああっ・・・・私、感じる・・・・上野さん、そのまま腰を動かしてェ・・・・』

【奥さんは感じているんだ。良かった・・・・・今度こそ、奥さんを満足させてあげなければ・・・】

翔太は、絶え間なく腰を上下させた。

【初めての経験なのに、自然に腰を振ることが出来るんだ・・・・このまま続ければ、奥さんは気持ちよくなれるんだ・・・・・】

翔太は自然に腰を動かすことが出来ることに驚いた。

『うっうっ・・・・・ああああ・・・・・・気持ちいい・・・・・・・・』

初子が喘ぎ、呻いた。その声はだんだん大きくなり、艶かしいものになっていった。

『上野さん、もう少しよ・・・・私、もう少しでイクぅ・・・・ああああああ・・』

初子が抱えている翔太の臀部を、更に強く自分の方に押し付けた。

『上野さん、まだ大丈夫?・・私、も少しでイク・・・・・・・・』

翔太は一度射精しているので、さっきよりは随分と長持ちできた。

『上野さん、もう少しヨ・・・・私、もう少しでイク・・・・・あああああ・・・』

『奥さん、大丈夫です。僕、大丈夫ですから・・・・』

翔太が腰の動きを速め、初子の膣の奥の方まで肉棒を差し込んだ。

『あっあっあっあっあっああああああああああああ・・・・・・・・イクぅ・・・』

初子が胸を仰け反らせて絶頂に達した。
初子が翔太をきつく抱き締めて、絶叫を繰り返した事で、翔太にも初子が絶頂に達した事が分かった。

翔太の肉棒は初子の膣の中で、まだ逞しくいきり立っていた。

〔 1 〕 〔 2 〕 〔 3 〕 〔 4 〕 〔 5 〕 〔 6 〕 〔 7 〕 〔 8 〕 〔 9 〕 〔 10 〕
〔 11 〕 〔 12 〕

エロい官能小説メニュー

エロい官能小説-無料




inserted by FC2 system