エロい官能小説-無料

家庭教師先の生徒の熟年母親-p12

翔太と初子はソファーに腰掛けたままで抱き合っていた。

初子の息が元に戻ると、膣の中に入れた翔太の手の動きを制していた初子が手を放し、両手で翔太の頬を挟んでキスをした。

翔太が初子を自分の太股の上に横にして抱きかかえた。初子は両手を翔太の首に廻して、自分を支えた。

翔太が初子の股を広げようとすると、また初子が自分から股を開いた。

翔太がまた2本の指を初子の膣の中に入れた。今度はその指を膣の奥まで入れるた。翔太の指が、ちょっと盛り上がった、コリコリとしたものに突き当たった。翔太がそこを突付いたり撫で回したりすると、初子が敏感に反応した。

『うううっ・・・・・・・』

初子は明らかに感じ始めていた。

『ああああ・・・・・奥に当ってるぅぅ・・・・・・・上野さん、気持ちいい・・・』

【膣の奥も気持ち良いんだ!奥さんの声の出し方が違う・・・ここでも奥さんが絶頂に達すると良いのだが・・・・・】

翔太は初子の鋭い喘ぎ声から、初子が敏感に感じている事が分かった。

『もう我慢出来ないぃ・・・・・イクゥ・・・・・・・イクゥゥ・・・・・・・・・』

翔太が膣の奥を素早く突き続けると、初子が両脚をピクつかせながら果てた。

初子の息は激しすぎた。翔太が見ているだけで苦しくなるほどの息の速さだった。

翔太が膣の奥に届いた指を少し動かすだけで、初子が腰を持ち上げて反応した。そして、荒い息を続けながら、初子が腰を上下させた。

【奥さんはまたイキたいのだ。ここを、もっと突いて欲しいのか?】

『感じるようぅ・・・・・そこ感じる・・・・ああああ・・・・・・・・・・』

翔太が指の動きを速めると、初子も激しく腰を上下させて応えた。

『イクゥゥゥ・・・・・・・・またイクゥゥ・・・・ああああああああ・・・・・・・・』

初子が腰を震わせながら、腰を上下させて絶頂を迎えた。

【奥さんは何度でもイケるんだ。奥さんはこんなに気持ちが良いんだ・・・・・少なくとも今は、昨夜の嫌な思いを忘れている・・・・・】

初子が激しい息づかいをしながら、翔太の太股の上に腰をストンと落とした。そして先程と同じように、翔太の手を押さえて、翔太の手の動きを制した。

『ちょっと待って・・・・・ちょっと休ませて・・・・・・・』

初子がまた哀願した。翔太が初子の膣から静かに指を抜くと、膣から愛蜜が滴り落ちた。翔太は手の平でくい止めた。

『私、今日は何回イッたのかしら・・・・・気持ち良かったア・・・・・』

初子が翔太を見つめながら言った。先程までの曇った初子はどこかに行ったように見えた。翔太は、初子が明るさを取り戻した事を嬉しく思った。

【しかし、奥さんの中に入れなければ、俺が奥さんの中に入れるのを嫌がっていると思われる。その原因が主人に入れられた膣に、俺が入れるのを嫌っていると奥さんに思われてしまう危険性がある。それは、奥さんに昨夜の嫌な思いを、思い出させてしまうことになる・・・・】



『奥さん、ベッドの部屋へ行きませんか?』

翔太の提案に初子はすぐ同意した。翔太が初子を抱きかかえて立ち上がり、お姫様抱っこの形で初子を抱いた。

『ワア・・お姫様抱っこだ!・・私35歳になって、初めてお姫様抱っこされたぁ・・・・・・・・嬉しい・・・・・』

初子が高校生のようなはしゃぎ方をした。

【奥さんには、まだ、幼さが残っているんだ。それがまた可愛い・・・・】

翔太は無邪気なはしゃぎ方をする初子を可愛いと思った。

『上野さんは、まだ衣服を着たままね?私が脱がせてあげる・・・・』

ベッドの上に初子を寝かせると、初子がすぐ起き上がって翔太の衣服を脱がしにかかった。

初子は、一瞬をも惜しむように素早く翔太を裸にし、翔太にキスをしながらベッドに倒れこんだ。

翔太がキスを続けながら、初子の乳房を掴むと、初子が身をくねらせて反応した。

翔太が乳首を摩ると、あああああ、と初子がよがり声をあげた。先程の余韻が残っているのか・・・・初子の反応は早く、鋭かった。

翔太が乳首を吸い、割れ目に指を入れた時には、初子は激しく身をくねらせた。

『ああああああああ・・・・・・・・・・ああああああああああああ・・・・』

翔太が乳首を舐め、乳首を舌で押したりしながら、右手で淫核を撫でた時には、初子が大きな声で切なそうに喘いだ。

初子が大きくなった翔太の肉棒を掴み、上下に扱いた。肉棒がますますいきり立った。

『上野さん、これでイカせてェ・・・・・・』

初子が翔太の肉棒を掴んで、翔太に哀願した。

翔太が初子の脚を広げ、陰唇を広げて肉棒を膣の入り口に合わせた。

愛蜜で潤った膣に勢い良く肉棒を差し込むと、ううううっ、と初子が大声で呻いた。

翔太が、膣の奥まで届くように大きく抽送を繰り返すと、初子が絶叫しながら果てた。

【奥さんはすぐイッた。先程の余韻が残っていたからなのか?・・・俺はまだ頑張れる・・・・まだイカない、大丈夫だ・・・】

初枝の呼吸が少し落ち着いたのみて、翔太が再び腰の上下を始めた。あああああああっ、初子が悶えながら大きな声を出した。初子は翔太の背中に指の爪をたて、必死に快感を貪った。

『あああああああああ・・・・またイク・・・・・・イクぅぅぅ・・・・・・・・』

翔太が腰の上げ下げを素早くすると、初子は絶頂に達した。初子は
翔太の背中に爪をたてたまま、腰を突き上げて果てたのだった。


『前田さんは、まだイってないのネ?・・・・・・・・凄い・・・・』

初子が膣の中でいきり立っている肉棒を感じて言った。

『奥さんは、もう一度イキますか?』

『本当、嬉しい・・・・私、もう一度イキたい・・・今度は上野さんと一緒にイキたい・・・・・』

初子が翔太に抱きついた。

翔太が、肉棒を奥の方に入れたまま、腰を廻し始めると、初子はすぐ大きな声を出し始めた。

初子の淫核を擦りながら、肉棒で膣の奥をこね回すと、初子は叫ぶようによがった。

翔太も射精が近いことを悟り、腰の動きを速めた。

『私、イクぅ・・・上野さん一緒にイコぅ・・・一緒に・・・・・あああああ・・・』

初子と翔太が一緒に果てた。二人の息は激し過ぎるほど激しかった。初子は翔太の背中に爪をたてながら翔太を抱き締め続けた。


『今日は最高に良かった。私、何回イッたのかしら・・・・数え切れないほどイッたわ・・・・・・こんなに気持ちよく、何度もイッたの私初めて・・・セックスってこんなに気持ち良いもんだったんだ・・・・・・』

翔太が肉棒を初子の膣から抜くと、精液が流れ出してきた。
また、ティッシュを用意しておくのを忘れていた。初子が手の平で受け止めている間に、翔太がティッシュを取りに走った。

『今度から、事前にティッシュを準備するようにしましょうネ・・・・』

初子が笑いながら、明るい声で言った。

『あら、前川さんの背中に血が滲んでる。私が引っ掻いたの・・・・・気が付かなかったわ・・・・ごめんなさい』

初子が翔太の背中の血を舐めて清め、ティッシュを押し付けた。


【奥さんに明るさが戻った。良かった。でも、またいつか奥さんが嫌な思いをする事は起きるんだろうなぁ・・・・このような情交が奥さんの抱えている問題を、根本から解決できるものではない・・・・だけど、嫌な事を一時的にしろ、奥さんが忘れるのに役立ったのは確かだ・・・・・奥さんに嫌な事が起こったら、また、忘れさせてあげる手助けはしてあげよう・・・・・・でも、やはり根本的に解決できる方法が見つかれば、俺の好きな奥さんに本当の幸せが来る事になるのだが・・・・・・・・】

奥さんの家庭に根本的な解決策が有るのか、無いのか、翔太は悶々としていた。

おわり

〔 1 〕 〔 2 〕 〔 3 〕 〔 4 〕 〔 5 〕 〔 6 〕 〔 7 〕 〔 8 〕 〔 9 〕 〔 10 〕
〔 11 〕 〔 12 〕

エロい官能小説メニュー

エロい官能小説-無料




inserted by FC2 system