官能小説-両親と姉と俺の官能的生活

↓官能小説 両親と姉と俺の官能的生活 の各ページのご案内↓
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-1
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-2
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-3
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-4
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-5
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-6
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-7
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-8
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-9
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-10
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-11
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-12
官能小説 両親と姉と俺の官能的生活-13

官能小説-両親と姉と俺の官能的生活-p8

『秀樹!本当にいいの?お姉ちゃん本当に見るわよ!お姉ちゃんに見せるのは恥ずかしいでしょ?・・・・中止するなら今のうちよ!』

お姉ちゃんが俺を立たせた。お姉ちゃんが俺の真向かいに膝頭で立ち、俺のジーンズのボタンに手をかけて言った。俺の股間は既に膨らみ始めていた。

『いいよ!俺、覚悟決めているから・・・・』

『いいのね秀樹?ジーンズを下ろすよ!いいの?』

『いいって言ってるだろう!』

お姉ちゃんがファスナーを下げ、ジーンズを俺の足首まで下ろした。俺の股間は、トランクスパンツの中で、腹を打つほど怒張していた。お姉ちゃんが両手でトランクスパンツを足元まで引き下ろした。

『きゃあ・・・・・秀樹の凄い。こんなに大きいの・・・・それに真赤ね・・・』

お姉ちゃんは、俺の一物を凝視しながら、驚いたように言った。

『秀樹のはこんなに大きくて凄いのね、それに、脈打つようにドクドクと動いてるよ・・・・秀樹のはいつもこんなに大きいの?』

『いつもではないよ、今はお姉ちゃんに見られているから興奮して膨らんでいるんだよ・・・・・』

『秀樹がオナニーする時は、ここを摩る訳?』

『そうだよ・・・』

お姉ちゃんが指策で俺の、肉棒を摘んだ。そして、手の平で亀頭を包むようにして掴んだ。お姉ちゃんの手が亀頭に触れただけで快感が走った。

お姉ちゃんが俺の前に膝頭で立っているので、俺の肉棒が丁度お姉ちゃんの目の前にある。お姉ちゃんが俺の肉棒を手の平で包むと、手を上下させ始めた。

これだと、俺がオナニーをするときと同じ手の動かし方じゃないか。これを続けていると、俺は射精するぞぅ・・・。

『秀樹、ここ熱いよ!すごく熱い!・・・・大丈夫なの、秀樹?』

『心配ないよ、いつも充血して熱いんだから、普通だよ!』

『そうなの?普通なの?お姉ちゃんは初めてだから、ビックリする事ばかり・・・・・・・それにしても本当に驚くほど太くて長いのねェ!』

お姉ちゃんは相変わらず俺の肉棒を掴んで手を上下させていた。お姉ちゃんは俺が射精すること知っているのか?知っててやってるのか?

『お姉ちゃん!俺のを扱き続けると、射精しちゃうよ?』

『いいよ、射精していいよ!・・・秀樹は、どのようにすると一番気持ちよくなるの?ここを掴んで手を上下に動かしている時、それとも、射精する時?』

『そりゃぁ・射精する時が一番気持ちがいいよ・・・』

『そうなの、それじゃ秀樹は射精したいでしょう?』

『そりゃぁ、そうだよ。ここまできたら射精したいよ!』

『このままお姉ちゃんが手を動かし続けたら、秀樹は射精する?』

『もちろん、射精するよ!』

『それじゃ・・お姉ちゃんが手を動かし続けてあげようか?』

『お姉ちゃんがやってくれるの?』

『うん、このままで止めたら、秀樹が可愛そうな気がするもん・・・・・』

『お姉ちゃんがやってくれると嬉しいよ、だけど、お姉ちゃんが俺の前にいると、お姉ちゃんに精液がかかってしまうよ!』

『そんなに飛び出るの?』

『出るよ!たくさん出るよ、勢いよく飛び出るよ!』

『それじゃ、どうすれば良い?』

『お姉ちゃんが俺の横だとか、後ろに立ってやらないと、お姉ちゃんにかかってしまうよ』

『それじゃ、お姉ちゃんは秀樹の横に立ってやるわ・・・・・』

お姉ちゃんは過去に男の肉棒を扱いた事なんか絶対に無い筈だ。だが、手を上下させて、俺の肉棒を上手に扱き続けている。このような行為は、男女の間では自然に出来る事なんだ、と、俺は思った。

『秀樹、精液が出たら、どうやって受け止める?』

『左手にティッシュを何枚か持って、それで受け止めてよ』

『それじゃ、そこのティッシュを取って来るから、ちょっと待っててね!』

お姉ちゃんがティッシュを5枚ほど束ねて持って来て、再度、俺の肉棒を扱き始めた。お姉ちゃんの軟らかい手の平は、とても気持ち良いものだった。

『秀樹、射精しそうになったら分かるの?』

『そりゃ分かるよ。射精しそうになったら、お姉ちゃんに言うから、ティッシュを俺のオチンコの前に当ててよ』

『分かった。秀樹!気持ちよくなりなさい!お姉ちゃんが可愛い秀樹を気持ち良くしてあげる・・・・・』

お姉ちゃんが俺の脇腹に頬をくっつけて、右手で俺の肉棒を扱き続けた。

『お姉ちゃん疲れた・・・・・』

『ううん、大丈夫。平気だよ!』

『気持ち良いよ!お姉ちゃん、あと少しで出そう・・・・』

『もう出る?』

『あと少し、お姉ちゃん、気持ちよくなってきたヨ・・・・お姉ちゃんティッシュを当てて!・・・もう出る・・・・・』

『気持ちいいの、秀樹?』

『うん。気持ち良い。出るぅ・・・お姉ちゃん出るよ!・・うううううう・・・・』

俺はドクドクと射精した。お姉ちゃんが驚いて、両手で俺の肉棒を掴んで精液を受け止めようとした。

『秀樹、こんなに出た。こんなに沢山出たよ!お姉ちゃんビックリ・・・』

お姉ちゃんは両手で精液を受け止めていたが、それでも、零れ落ちるほど精液の量は多かった。俺はお姉ちゃんの手の下に俺の手を入れ、精液がカーペットの上に零れるのを防いだ。

お姉ちゃんがティッシュを取り、手の平の精液をきれいに拭き取ると、自分の部屋に戻ってウェットティッシュを取って来た。
お姉ちゃんがウェットティッシュで俺の半立ち状態になった肉棒を何度も何度もきれいに拭き清めてくれた。

『精液の臭いは嫌な臭いだろう?』

『そんな事ないよ!どちらかと言えば、お姉ちゃんは好きな匂いだよ』

『それなら良かった。俺は嫌な臭いだから・・・・』

『精液ってたくさん出るのね。お姉ちゃんビックリした。しかも、勢い良く噴出して来るんだもん。・・・・・・・・・秀樹は気持ちよかったの?』

『うんお姉ちゃんにして貰ったから、。最高に気持ちよかったよ・・・・』

〔 1 〕 〔 2 〕 〔 3 〕 〔 4 〕 〔 5 〕 〔 6 〕 〔 7 〕 〔 8 〕 〔 9 〕 〔 10 〕
〔 11 〕 〔 12 〕 〔 13 〕

エロい官能小説メニュー

現在エロい官能小説-無料で作成済みの官能小説は下の通りです。

エロい官能小説が提供する官能小説をお楽しみください。



エロい官能小説-無料


著作権に関して
当サイト『エロい官能小説-無料』に記述している官能小説の著作権は管理者に帰属します。
『エロい官能小説-無料』内の全ての画像や文章を転載する事を禁止します。『エロい官能小説-無料』





inserted by FC2 system