官能小説-愛人京子が我慢した性の爆発

↓官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発 の各ページのご案内↓
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-1
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-2
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-3
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-4
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-5
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-6
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-7
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-8
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-9
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-10
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-11
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-12
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-13
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-14
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-15
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-16
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-17
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-18

官能小説-愛人京子が我慢した性の爆発-p7

将一の唇が京子の肩口から乳房へ移された。将一は両手で京子の両乳房を摘み、揉み扱きながら、唇で乳房を吸った。
将一がピンク色をし、つんと立った京子の乳首を吸い始めると、京子はじっとしておれない快感に襲われ、身を捩らせた。
将一は京子の感じ方が鋭い事を認識しながら、両乳首を代わる代わる吸って、舐めた。
京子は自然に出てくる声を必死に我慢し、抑えた。
『ううっ・・・・・』
それでも堪えきれずに、京子の口から声が漏れた。京子は股間の潤いが一段と増した事を感じていた。

将一の右手が乳房を離れ、下方に滑り落ちた。将一が京子の両腿を広げようと京子の腿を外に押した。京子が素直に腿を開き、股間を広げた。将一は暫く京子の恥丘を手の平で抑えていたが、割れ目の中に指を入れ、潤いが増して滑り易くなった割れ目の中で指を上下させた。
京子の割れ目の中はピンク色に近く、黒ずみはまったく無かった。鮮やかな色をした、かわいい割れ目だった。
将一が淫核を指で摩った。京子に跳びあがるような強い快感が走り、京子が腰を大きく振った。
【自分でオナニーをする時より随分と気持ちがいい・・・・どうして?ここは男の人に触って貰うように出来ているところなの・・・・】
京子は強烈な快感に驚きながら、強い気持ち良さを感じる事に喜ばしく思った。
将一が唇を京子の股間に移した。溢れる愛液で光る割れ目を舐め、淫核を吸った。
京子は痺れるような快感に驚き、腰を跳ね上げた。将一は丁寧に淫核を吸い続け、包皮の中から白色に近いピンク色の突起が出てくると優しく嘗め回した。
『うううっ・・・・ああああっ・・・・・』
あまりにも強い快感に京子は声を漏らし続けた。京子は声を抑えようとするが、抑える事が出来なかった。
『京子ちゃん、声が出ても良いんだよ!声を無理に抑えなくても良いんだよ・・・可愛い声だよ・・・・』
将一は京子が漏れ出る声を無理に抑えている事がすぐ分かった。京子の声は、無理に抑えている為の濁った声になっていた。
将一に言われて京子は気が楽になり、出てくる声を自然に任せた。
将一が京子が感じる淫核を執拗に口と舌で刺激し続けた。
『はぁはぁはぁ・・あ〜ん・・・・あああっ・・・・』
京子は今まで自分自身で慰めていたクリトリスよりも、数段強烈な快感に声を押し殺す事は出来なくなっていた。
京子は腰を浮かせ、背中を反り返して快感に耐えていたが、快感が極みに達し、大きな声を出しながら絶頂を味わった。
【こんなに気持ちよくなったのは初めて・・・男の人の口と舌で刺激されるとこんなに気持ちが良いんだ・・・・】
京子はクリトリスを刺激する事で初めて体験する快感の極みを噛み締めていた。

『京子ちゃん!可愛かったよ・・・・気持ちよかったかい?』
『・・・・はい・・・・とても気持ちよかったです・・・こんな経験は初めてです・・・将一さんのお陰です・・・・』
『京子ちゃんがセックスの経験を重ねると、もっともっと気持ちよくなれるよ・・・・』

将一が京子の方にずり上がって来て、京子の唇に唇を合わせた。
『京子ちゃん!京子ちゃんの処女を頂くからね・・・・いいね?』
しばらくキスを続けていた将一が京子の目を見つめながら言った。
『・・・・・・はい・・・・・・・』
将一が京子の両腿を広げ、その中に将一の股間を入れた。
チラッと見た将一の肉棒は逞しくそそり立ち、京子に一瞬恐怖感を与えた。
【いよいよだ。私の処女が破られるのだ・・・・20年間大事にしてきた私の処女なのに・・・・】
覚悟していた事とは言え、京子に惜別の悲しさのようなものが湧いた。
将一が手で自分の肉棒を掴み、京子の膣の入り口に亀頭を合わせた。将一が腰を下ろすと、京子に凄い圧迫感があり、京子がずり上がって将一から逃れた。
『京子ちゃん、我慢してね・・・・・』
将一が更に腰を下ろすと、京子に激痛が走った。
『いっ・・・・いっ・・・・・』
京子が声を殺そうとするが、痛さを我慢できずに声が漏れ出た。
『痛い・・・・・・・』
将一が腰を下ろすと、京子から低いが鋭い声が出た。将一が更に肉棒を京子の膣の中に入れた。京子は最初に感じたような痛さは無くなり、ヒリヒリとする痛みに変わった。
京子の膣内は、時間をかけた将一の愛撫で十分潤っていて、将一の肉棒をスムーズに受け入れた。が、京子は膣が大きく広げられる圧迫感を感じていた。
【私の中がこんなに広げられて大丈夫なのかしら・・・・・】
京子は初めて経験する強い圧迫感が心配になった。
将一が抽送を繰り返した。抽送の度に膣の入り口付近でピリピリとした痛みを感じたが、我慢できない程の痛みではなくなっていた。しかし、京子が快感を感じる事は無かった。京子は必死に将一の抽送を我慢して耐えていた。

将一の抽送はなかなか終わらなかった。京子が痛さに耐えている事が分かった将一はゆっくりと抽送を繰り返していたが、京子が将一の肉棒が膣の中で更に硬くなり、太くなったと感じた時、将一が素早い抽送を始めた。
『ううっ・・・・ううううう・・・・・・』
京子が痛さを我慢していると、将一が呻いて、京子の膣の奥に熱い液体を放出した。将一の抽送が止まった。
【これで終わったんだ・・・良かった・・・将一さんは気持ち良さそうに呻き声を出したけど・・・気持ち良かったのかしら・・・そうだと嬉しいけど・・・・】

将一がゆっくりと京子から肉棒を抜き出した。将一がティッシュを束ね、京子の股間へ当てた。京子の膣から流れ出る将一の放出した精液に、赤い鮮血が混じっていた。
将一が優しく京子の膣口を拭き、新しいティッシュを束ねて京子の臀部から膣口に当てて鮮血雑じりの精液を押しとどめた。

『京子ちゃん、痛かったね・・・・ごめんね・・・・』
『ううん・・・大丈夫です・・・』
こうして京子と将一の初めてが終わった。

〔 1 〕 〔 2 〕 〔 3 〕 〔 4 〕 〔 5 〕 〔 6 〕 〔 7 〕 〔 8 〕 〔 9 〕 〔 10 〕
〔 11 〕 〔 12 〕 〔 13 〕 〔 14 〕 〔 15 〕 〔 16 〕 〔 17 〕 〔 18 〕

エロい官能小説メニュー

現在エロい官能小説-無料で作成済みの官能小説は下の通りです。

エロい官能小説が提供する官能小説をお楽しみください。

エロい官能小説-無料


著作権に関して
当サイト『エロい官能小説-無料』に記述している官能小説の著作権は管理者に帰属します。
『エロい官能小説-無料』内の全ての画像や文章を転載する事を禁止します。『エロい官能小説-無料』





inserted by FC2 system