官能小説-愛人京子が我慢した性の爆発

↓官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発 の各ページのご案内↓
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-1
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-2
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-3
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-4
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-5
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-6
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-7
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-8
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-9
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-10
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-11
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-12
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-13
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-14
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-15
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-16
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-17
官能小説 愛人京子が我慢した性の爆発-18

官能小説-愛人京子が我慢した性の爆発-p12

将一が京子に体の向きを変えさせた。京子が将一に背を向ける格好で、将一の腿に跨った。将一が京子の腰を上げ、再び肉棒を京子の膣に入れた。
この格好になると、将一の肉棒が自分の膣を出入りするのがよく見え、京子の興奮は高まった。
『あんなに長くて太いものが私の中に入るんだぁ・・・・これが男と女のセックスなんだ・・・』
京子は男と女が繋がる様子をはっきり、細やかに見る事ができた。

将一が京子の後ろから手を伸ばし、京子の淫核を弄った。もう一方の手で京子の乳首を弄り回した。
京子は敏感に感じる乳首と淫核を同時に弄られ快感が京子の体中をグルグルと廻った。その快感が京子の膣の中まで響き、京子は膣の中からもかすかな快感を感じ出していた。

【いろんな所で感じる・・・足の先までビンビン響くようだわ・・・こんなに何箇所でも感じると収拾がつかなくなるわ・・・・大丈夫かしら・・・】
京子は体に響きまわる快感にのたうちながら、将一の肉棒を膣で扱き続けた。

【今日が一番気持ち良いわぁ・・・・私はますます感じるようになっているのかしら・・・・この気持ち良さがいつまでも続いて欲しい・・・・】
京子は将一の手と肉棒がもたらしてくれる快感に浸りながら、気持ち良さをいつまでも感じていたいものだと願った。

将一が両手で京子の臀部を挟み、京子がが腰を上下させるのを手伝った。暫くすると、将一が京子の臀部の上下運動を速めるように促した。
【動きを速くすると、膣の中が気持ちいい・・・・この気持ちよさも嬉しい・・・でも、この運動は疲れるわぁ・・・いつまで続けられるかしら・・・・】
京子は気持ち良さに浸りながら、肉体の疲れも覚えていた。

将一が再び、手で乳首と淫核を弄り始めた。先程より強い快感が京子の頭から足の先まで走るようだった。

京子が疲れを感じながら、必死に腰を上下させた。

『はぁ・はぁ・はあ〜ん・・・はあ・・あああああ・・・・・』
将一が乳首と淫核を摩る速度を速めると、京子が堪らず果てた。
京子は腰の運動と快感の絶頂で息が上がり、腰を動かす事ができなくなった。
『将一さん、ちょっと待って・・ちょっと休ませて・・・・』
京子が息も絶え絶えに将一に頼んだ。将一はベッドにうつ伏した京子の臀部を撫で回しながら、京子の息の整うのを待った。

京子が息の治まるのを待って、再び腰を上下させ始めた。将一に射精させたいと願う京子の一心からだった。
【私の力で将一さんを気持ちよくして上げなければ・・・・】
京子が必死に腰を振り始めたが、将一が京子の臀部を抑えて制止した。
『京子ちゃん・・疲れただろう?・・・・今度は私が動くからね・・・・』
と、言うと、将一が京子をベッドの上に四つん這いにし、後ろから肉棒を京子の膣に勢いよく差し込んだ。

将一の抽送は激しかった。京子の膣壁が将一の亀頭で激しく擦られた。京子は将一の肉棒が膣を広げ、刺激し続ける事に心地よさを感じ始めていた。

将一が右手を京子の股間に這わせ、淫核を摩った。将一が肉棒を抽送させながら、手で淫核を弄り回すと、耐え切れないほどの快感が、京子を襲い始めた。
【私はまた絶頂に達するわ・・・もうすぐ絶頂だわ・・我慢できない・・・】

将一の抽送が一段と速くなった。京子は将一の亀頭が更に硬く、太くなったのを感じ、膣が強い圧迫されるのを感じた。

将一が、京子の淫核を抉るスピードを上げた。京子のきつく膣が引き締まった。

『ああああああ・・・・・・』
『うううっ・・・・・』
京子が絶頂を迎えると同時に、将一が射精して絶頂に達した。

将一が京子の背中に倒れこみ、荒い息を弾ませた。京子も顔をベッドに埋め、快感の余韻に浸っていた。

【今日は3回も絶頂にいかせて貰ったわ・・・セックスって本当に気持ち良い・・・・・この気持ち良さは幸せな事だわ・・・・・】

京子は将一を抱きしめたいと思ったが、京子の背中におぶさった将一がなかなか離れようとせず、息を弾ませていた。

荒い息の治まり掛けた将一が、京子から肉棒を抜き、ベッドの上に仰向けに寝転がった。
京子は膣から流れ出る将一の精液を拭き取った。京子は萎えかけた将一の肉棒と玉袋をウェットティッシュで丁寧に拭き清めた。

京子が寝転がった将一に覆い被さり、抱きかかえながら将一にキスをした。

【まだ、将一さんと付き合い出してからあまり時間が経ってないのに・・・将一さんに対して込み上げてくるこの気持ちは何なの・・・・セックスをした相手には、自然に湧いてくるものなのかしら・・・・愛すると言うものでは無いかも知れないけど・・気持ちが囚われるわ・・・】

将一はシャワーを浴び、身支度を整えると帰って行った。将一を返したくないと言う感情が京子に芽生え、軽い寂寥感を覚えた。

〔 1 〕 〔 2 〕 〔 3 〕 〔 4 〕 〔 5 〕 〔 6 〕 〔 7 〕 〔 8 〕 〔 9 〕 〔 10 〕
〔 11 〕 〔 12 〕 〔 13 〕 〔 14 〕 〔 15 〕 〔 16 〕 〔 17 〕 〔 18 〕

エロい官能小説メニュー

現在エロい官能小説-無料で作成済みの官能小説は下の通りです。

エロい官能小説が提供する官能小説をお楽しみください。

エロい官能小説-無料


著作権に関して
当サイト『エロい官能小説-無料』に記述している官能小説の著作権は管理者に帰属します。
『エロい官能小説-無料』内の全ての画像や文章を転載する事を禁止します。『エロい官能小説-無料』





inserted by FC2 system