エロい官能小説-バツ2の遅漏男の性処理作戦

↓官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦 の各ページのご案内↓
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-1
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-2
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-3
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-4
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-5
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-6
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-7
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-8
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-9
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-10
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-11
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-12
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-13
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-14
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-15
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-16
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-17
官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-18

バツ2の遅漏男の性処理作戦-p5

恭平は掲示板への書き込みに関して、次のような事が分かった。
書き込みをして日が経つと、メールの来る件数ががくんと落ちること。これは、日の経過と共に自分の書き込みが下の方になり、閲覧者の目に止まり辛くなるのが原因と思われた。
もう一つは、主婦と待ち合わせる場合の時間帯は、ほとんどが午前10時前後から午後の3時ぐらいまでを指定してくる事だった。
これは、子供を幼稚園や学校に送り出した後、夕食の準備に取り掛かる間の時間帯で、主婦の自由にできる時間帯だと思われた。この時間帯は、主婦が主人に内緒で浮気をする最適な時間帯なのだ。

恭平がもう一つ考えなければならない問題点は、ホテルの利用だった。毎回、ホテル代を払っていたのでは相当な出費になってしまう。

恭平はこれらを全て考慮すると、会社勤めは難しい事、ホテル代を払う代わりにマンションを借りる事。この二つを実行すれば、主婦との付き合いが自由にできる事がはっきりした。

恭平のやっているアダルト関連のアフィリエイトも、毎月安定した収入が期待できるようになっていた。今の会社を辞めても、十分に食べていけたし、駅前の便利な場所にマンションを借りる事も可能だった。

恭平は最初に肉体関係を持った主婦の咲希から、満足のできるセックスの快感を味わった事から、恭平は主婦とのセックスにのめり込んでしまった。
恭平はこの二つを実行に移してしまった。すなわち、会社を辞め、駅前にマンションを借りた。恭平はそのマンションには住まず、女性とセックスをする為のみの専用の場所として使用した。
これは、女性に押しかけられるようになった場合の対策だった。自分の寝起きする住居を知られる事を防ぐ目的からだった。

恭平は掲示板に、主婦の手の空く午前11時頃に次のような文面を書き込んだ。

タイトル::欲求不満の貴女へ
案内文::遅漏が原因で二人の妻に逃げられたバツ2の27歳です。
ご主人や彼氏が早漏で、セックスの不満の募っている貴女、僕の遅漏を貴女の不満解消に役立ててみませんか?慎重187センチ、体重86キロ。東京在住の筋肉質で健康な男です。

すぐ侑里と言う女性からメールが届いた。
『遅漏が原因で2回も離婚したとありますが、本当に遅漏だけが原因ですか?セックスをする時に、変な事なんかを要求したりしませんでしたか?・・・私の主人は早漏で、いつも私は主人の早過ぎに不満を持っていますが、少々の遅漏ぐらいなら、女が満足できて良いと思いますが・・侑里』

恭平はすぐ折り返しのメールを送った。
『セックスの時、何も変な事はしていませんよ・・二人とも僕の遅漏に耐えられなかったのが唯一の原因です。本当ですよ。貴女の年齢を教えて頂けませんか?』
侑里からすぐメールが返された。
『やっぱり女の年が気になるのね・・・男はいつも若い女を求めるんだから・・・恭平さんもそうでしょ?若い子がいいんでしょう?』

侑里からのメールには年齢は書かれていなかった。恭平は悩んだが次のようなメールを送った。
『僕は、若い嫁に2度も逃げられましたから、どちらかと言うと、30歳から40歳代の熟女の方が安心できますね。それくらいの女性が色気もプンプンだし、僕はそそられます。侑里さんは主婦ですよね?』
恭平はもし侑里が20歳代の女性なら、気を悪くし、相手にしてくれなくなる文面だと思ったが、恭平は賭けに出てみた。

侑里から、またすぐ返事が届いた。

『私は39歳の主婦、娘二人の母親よ。どう恭平さん、こんな私でも相手にしてみる気持ちある?』
侑里が乗って来た事に恭平は小躍りして喜んだ。恭平は侑里に会いたい旨のメールを送った。

『さっきのメールに書いたでしょう・・39歳なら僕が最も会ってみたい年齢の女性ですよ・・・侑里さん会ってくださいよ・・』

侑里から返事がすぐ届いた。
『今日の午後1時過ぎにでも会えるの?会えるとすればどこに行けばいいの?私はラブホテルは嫌よ・・』
侑里から肉体関係を是認するメールが届いた。恭平はウキウキした気分で返信を送った。
『僕のマンションで1時に会いませんか?マンションは駅前にあり、すぐ分かりますから・・』
恭平はマンションまでのマップと部屋番号を侑里に連絡した。

『了解。それでは今日の午後1時に貴方のマンションにお伺いします。私に大きな期待をしちゃだめよ・・不美人だから・・・驚かせて、貴方は失望するかもよ・・侑里』

恭平はマンションに行く途中で食事を済ませ、急ぎ足でマンションに向った。
侑里は不美人とメールに書いてあったが、どんな女性なんだろう。恭平は初めて会う39歳の女に興味津津だった。

〔 1 〕 〔 2 〕 〔 3 〕 〔 4 〕 〔 5 〕 〔 6 〕 〔 7 〕 〔 8 〕 〔 9 〕 〔 10 〕
〔 11 〕 〔 12 〕 〔 13 〕 〔 14 〕 〔 15 〕 〔 16 〕 〔 17 〕 〔 18 〕

エロい官能小説メニュー

現在エロい官能小説-無料で作成済みの官能小説は下の通りです。

エロい官能小説が提供する官能小説をお楽しみください。
エロい官能小説-無料
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-1
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-2
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-3
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-4
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-5
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-6
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-7
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-8
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-9
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-10
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-11
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-12
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-13
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-14
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-15
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-16
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-17
エロい官能小説 バツ2の遅漏男の性処理作戦-18


著作権に関して
当サイト『エロい官能小説-無料』に記述している官能小説の著作権は管理者に帰属します。
『エロい官能小説-無料』内の全ての画像や文章を転載する事を禁止します。『エロい官能小説-無料』





inserted by FC2 system